【マカオ】1日目(その2) 雨のマカオ半島をみおろす高台へ

香港を離れ、いよいよ、マカオへ向かいます。
これは尖沙咀ではなく、上環の方を向いていると思うんだけど違うかな。自信がない(^.^)

DPP_13565

出航すると、CA(船の場合は何て言うんだ?)の方が、飲み物などのオーダーをとりに来てくれました。
マカオまでは約1時間です。

DPP_13573



出航直後は、すごく揺れた。船酔いの経験はあんまりないけど、こりゃ大変だと思ってたら、沖に出ると、船は滑るように進んでいきます。

DPP_13574

雨に煙る船の旅は、情緒があるもんです。

船旅っていいよな。
フェリーは、アルゼンチンのビーグル水道クルーズ以来だね。

DPP_13577

睡眠不足で、うとうとってしたところ、船はマカオのフェリーターミナルに到着。

DPP_13581

香港で出国してるから、今度は入国ですね。

DPP_13911

写真撮ってたら、注意されて、消去するように言われました
失礼しました。ルールは守らないとね。

DPP_13912

イミグレでマカオ入国手続き。
今度もらったのは、左側の紙片。またスタンプ押されなかった。イスラエルみたいだ。

DPP_13815

無事にマカオ入国を果たし、フェリーターミナルの中をぐるっと散歩。

DPP_13582

DPP_13585

DPP_13586

そして両替。マカオの通貨はパタカといいます。場合によっては香港ドルも通用するようですが、ここは現地通貨に替えておきましょう。
パタカと香港ドルは、ほぼ1対1の交換レートでした。

DPP_13813

 

さて、まずはホテルに荷物を置きに行きましょう。
予約してあるホテルは、ずばり、リスボア ホテル。
沢木耕太郎さんの「深夜特急」で、氏がカジノに没頭したあのホテルです。

各ホテルへは、無料のシャトルバスが出ています。リスボアは葡京ですね。

DPP_13587

DPP_13913

それなりに人が行き交うフェリーターミナル前のバスターミナル。
中国本土からも、連日のようにカジノ客が訪れているとのこと。

DPP_13591

DPP_13588

乗り込んだバス。なんと違うホテル行きでした(笑)
なんか、すごい豪華ホテルの前で降ろされ、あわててタクシー乗り場に行き「リスボアホテル!」

DPP_13914

ようやく着いたリスボアホテル。カジノが併設された老舗のホテル。
夜は、カジノも楽しんじゃおうかな。

DPP_13785

Tシャツ&ジーパンで入るのがはばかれる雰囲気。

DPP_13916

DPP_13918

でも、ふつうの格好の旅人もいっぱいいるので安心(何が安心なんだか・・・)

DPP_13919

フロントは2階にあります。

DPP_13594

チェックインできるかな、と思ったけど、荷物を預けるだけ。宿泊客で賑わってるようです。

DPP_13596

さて、地図を持って、マカオを歩き回りましょう!
これは、フェリーターミナルで手に入れた地図。右の丸がフェリーターミナル。左の丸が、今いるリスボアホテル。
そして、数多く登録されている世界遺産は、地図で見てリスボアホテルの左上側に集まっています。

いきなり、そこへ踏み込んでもいいんですが、1日半あるので、まずは、マカオ全体を見おろすことができる「ギア要塞」に行ってみることにしました。

DPP_13927

歩いていけなくもないですが、雨も降ってるのでタクシーで。ホテルから10分かからず到着。
なにもありません。さて、どこがギア要塞なんだか・・・

DPP_13663

周辺の舗道を歩き回ってみます。
傘を差しながら異国の地を歩くのも久しぶり。今まで、中国の南京、エルカラファテの氷河の上、の2回しか傘を使っていません。

私は雨は好きです。いろんなものを洗い流してくれる感覚が、とってもいい・・・

DPP_13598

DPP_13599

今回もモバイルWifiのない身。
でも、前回のベトナムで身につけた知恵。事前にグーグルマップを十分に読み込ませておくことで、WifiなしでもGPSでだいたいいる場所がわかります。

DPP_13601

しかし、それでもギア要塞の場所がわからない(笑)

DPP_13603

ここは、さっき見かけたロープウエィの終点。

DPP_13606

気温は30度弱でしょうか。雨がしとしと降っていることもあって、そんなに暑くはありません。

DPP_13607

ようやく見つけました。これがギア要塞でしょう。

DPP_13611

登る途中の景色。リスボアホテルの方を見ています。
右側の奇抜な建物は新リスボアともいえるグランドリスボア(こっちは宿泊費、超高い)

真ん中に見えるマカオタワーのてっぺんは雲に隠れています。

DPP_13613

DPP_13616

要塞の裏側へ。

DPP_13623

こっちは南側。タイパ島の方を見ています。
あのひときわ高いビルは、ハーバービュー・マカオかな。
奥のつり橋は、フレンドシップ大橋。タイパ島へつながっています。

DPP_13618

しばらくたたずみ、ブリッジを行き交うゆるい車の流れを眺めます。

日時は土曜日の午前10時。旅に出た実感がひとしお。
自宅にいたら、まだベッドの上でゴロゴロしてるだろうな・・・

DPP_13620

DPP_13624

こちらは展示場の中。

DPP_13626

DPP_13627

しょっちゅう大型台風に襲われるんだ、と書かれていました。

DPP_13628

DPP_13630

要塞のてっぺんまで来ました。マカオの最高標高でもあります。

DPP_13644

こっちは北側。

DPP_13636

オールドタウンっぽい、街並み。陰影もあっていい雰囲気。

DPP_13637

幾何学的な建物。

DPP_13640

DPP_13642

DPP_13647

DPP_13648

マカオって、ほんと新旧混在の街ですね。

DPP_13650

DPP_13651

この灯台、今も現役。南シナ海沿岸では最古とのこと。

DPP_13653

ハーバービューホテルを狙ってます(笑)

DPP_13654

学校の生徒でしょうか。
この教会は1622年ごろに建てられ、世界遺産にも登録されています。

DPP_13661

ひと通り見学して、タクシーを降りた場所に戻りました。
当然、タクシーなんているわけがありません。さて、どうやって、次の目的地に行きますか・・

DPP_13662

とりあえず、ふもとの道まで下ります。
ちなみに、ここは、マタニティ・ベンド。モータースポーツがお好きな方ならご存じでしょうが、公道レース マカオグランプリの難しいコーナーの一つです。

こんなに狭く、そしてウオールに囲まれたコースを超高速で走り抜けていくドライバーたちはすごい!

DPP_13664

ところで、私は、途方に暮れかけています(笑)
待てども待てどもタクシーが来ない。そんなに暑くないとはいっても、さっきのギア要塞の上り下りで汗びっしょり。早く、世界遺産エリアへ行きたいところ。

そんな思いで歩いていると、バス停がありました。

なんでもいいから次のバスが来たら乗って、どこかへ行ってしまいましょう。
バスは、多分冷房車だろうし・・

DPP_13668

待つほどもなく来たバス。行先も確かめないで乗り込みました。

ところが、運転手が10パタカ紙幣を受け取ってくれません。
両替したばっかりでコインの持ち合わせが2.5パタカしかなく、ここでまた途方に暮れます。

DPP_13669

しまいには、運転手が怒り出す始末でしたが、親切なマカオの青年が1パタカコインを出してくれました。
いやあ感激! ありがとう、お兄さん!

日本で同じようなことがあったら、外国人に親切にしてあげようと誓った瞬間(笑)

DPP_13672

さて、この6Aという系統のバスは、どこへ向かってるのか。気難しそうな運転手には聞ける雰囲気ではありません。

ま、でも、このマカオ半島は、だいたい3キロ四方。ということは、どこかとんでもないところに行ってしまっても、なんとかなるじゃん。

DPP_13671

と、開き直り、雨に煙るマカオの街並みを眺めます。
そうだよね、今回の旅の目的は、行き当たりばったりだったんだ・・

バスの中は、冷房が効いていて気持ちいいです。

DPP_13920

でも、一応GPSをみながら見当をつけ、こんなバス停で降りました。

DPP_13673

どこだかよくわかってませんが、世界遺産エリアの北側にいるはず。南側に向かって歩きましょう。

DPP_13674

知らない街を歩くって、ほんとうに楽しい(*^^)v

DPP_13680

DPP_13682

DPP_13683

マッサージ屋さんですね。

DPP_13684

細い路地でも渋滞が起きます。

DPP_13687

気がつけば12時。お腹もすいたので、腹ごしらえといきますか。

DPP_13926

庶民的なレストラン。

DPP_13921

揚州チャーハンをオーダー。とってもおいしかったです!(^^)!

DPP_13689

タイトルとURLをコピーしました