【タイ・バンコク】1日目(後編) バンコクの街散策 ワット・ポーなど

メナム川をさかのぼってきたので、自分が、バンコクのどこら辺にいるのか、いまいち感覚がつかめませんが、まあ、歩き回りましょう。
ホテルに荷物は預けてあるので、身は軽いです。

いきなり目に入った黒い人たち。仏教徒の人たちかな。

DPP_7508

DPP_7509



実は、今回の旅は3日間だったこともあって、Wifiをレンタルして持ってきていません。
グーグルマップに慣れてしまった身は、すぐに迷子になります(笑)

怖そうだけど、誠実そうな警官に「ワットポー?」と尋ねると、「ここをまっすぐ行って、左側にあるよ。」と教えられました。

DPP_7513

今度はオレンジ色の人たち。

DPP_7511

先日死去されたプミポン国王ですね。
そうでした。タイは現在喪中。観光客にも派手な服装を控えるようにと、呼びかけていました。

うかつでした。本日の私のTシャツはエンジ色です。タイ国民の皆さん、本当にごめんなさい。

DPP_7514

ワットポーが見えてきました。

DPP_7516

DPP_7519

入場チケット売り場。

DPP_7521

入り口は狭いので、わかりにくかったです。

DPP_7523

チケットは、100バーツで1ドリンク付き。

DPP_7524

敬虔な仏教徒の人たち。

DPP_7527

西洋人の観光客もけっこういます。

DPP_7528

 

DPP_7532

DPP_7534

DPP_7535

国王ですね。でも、これは、何歳の時の写真でしょう。

DPP_7540

土曜日だからか、外国の観光客だけでなく、地元の人と思われるタイ人も多いです。

DPP_7545

境内(と、言っていいのかな)は、とにかく広い。

DPP_7546

DPP_7548

いくつもある仏塔。

DPP_7550

近寄って、細部を見れば、さらにすごいのがわかります。

DPP_7552

DPP_7553

DPP_7555

芸術的です。

DPP_7558

DPP_7559

DPP_7561

造るのに、どれだけの労力がかかったことでしょう。

DPP_7560

これって、本物の金かな??

DPP_7564

DPP_7571

西洋人たちも正座をします。

DPP_7575

素人が言うのもなんですが、ほんと、こりゃアート作品そのものです。

DPP_7587

DPP_7592

DPP_7593

さすが、仏教国タイ!

DPP_7594

DPP_7598

気温は、おそらく30度以下。太陽が出ていないのがありがたい。
歩き回っても、そんなに汗かきません。
日が差したら、熱帯の太陽光になるでしょう。

DPP_7604

さて、ワットポー最大の見どころ。礼拝堂に入ります。

DPP_7608

いきなり現れる寝釈迦物仏。

DPP_7610

巨大なお釈迦様が寝そべっている姿は衝撃的です。

DPP_7612

お祈りも、寝そべっている仏像に行います。

DPP_7620

涅槃に達し、その姿で悟りを開いたことに由来するそうですが、驚きました。

DPP_7619

おっ、外国のお方、お賽銭の意味を分かってるかな。

DPP_7626

DPP_7625

寝釈迦仏。裏から見ても衝撃的。

DPP_7629

 
ワットポー、十分楽しめました。今度は、ワット・プラケオに向かいます。徒歩10分強です。

DPP_7630

ワット・プラケオの遥か手前から、検問があり、手荷物を検査されます。

DPP_7634

DPP_7637

さすがに、肌を出し過ぎじゃないかな、と思ってしまいます。
私も、赤いシャツを着ちゃってますが・・

DPP_7641

DPP_7644

もうお昼近く。観光客の姿も、どんどん増えています。

DPP_7649

DPP_7650

さて、ワット・プラケオに入りましょう。

DPP_7658

入場料は500バーツでした。

DPP_7661

DPP_7664

日本語版もあります。というより、けっこう、観光してる日本人多いですね。

DPP_7665

おお、プラ・シー・ラタナー・チェーディーですね。

DPP_7666

ワットポーより、人が多いです。

DPP_7678

まわりが黄金色過ぎて、太陽は出ていないのに、なんかまぶしいです。

DPP_7680

素晴らしく芸術的なディテール。

DPP_7683

DPP_7687

王室専用御堂プラーサート・プラ・テープビドーンだそうです。

DPP_7689

DPP_7690

それにしても、すごい・・

DPP_7693

DPP_7695

DPP_7701

こりゃ、ずっと眺めていても飽きませんね。

DPP_7702

いやあ、ほんとにすごい。

DPP_7704

プラ・スワンナ・チェーディーです。

DPP_7705

顔も形もみんな違います。悪魔と猿神が交互に並んで支えているということですが、どっちが悪魔なんでしょう??

DPP_7706

人の数もすごい。

DPP_7710

広さもすごい。迷子になってしまいます。

DPP_7711

DPP_7714

DPP_7715

そろそろ、出口に向かいますね。

DPP_7724

DPP_7726

歴代王の住まいだった王宮です。

DPP_7728

衛兵さんたち。しっかりと、国を守ってください。

DPP_7732

さて、歩き回って、さすがに疲れました。
チェックインまで、ちょこっと散策につもりが、すでに13時。

のどを潤して、腹ごしらえとしますか。ワット・プラケオの入り口近くのお店に入りました。

DPP_7376

まずは、ビールを1本。国を代表する寺院の前でも飲ませてくれるんですね。

DPP_7377

そして、タイ風エビチャーハン。
エビは見かけだおし。食べるところ、ほとんどなし(笑)

DPP_7734

さて、のんびりホテルに戻りますか。
タイにも、しっかりと自転車レーンがあります。

DPP_7381

バスは、何に乗っていいかわかりません。タクシーもぼられるのが怖い。

DPP_7740

トゥクトゥクに乗りますか。
徒歩30分くらいの距離だと100バーツが相場とのことですが、200バーツを要求されました。

DPP_7738

歩けば、30分以上は確実だし、200バーツの要求を受け入れました。
運転手はシーロム通りも、HOTEL・NARAIも知ってました。

DPP_7759

なんか、道路や、他の乗り物との距離がとっても近い乗り物です。
激しく渋滞する道路を右へ左へ、まるで障害物競走のようにかき分けていきます。

ちょっとしたスリルです。

DPP_7763

でも、聞きしに勝る大渋滞。
完全に動かなくなり、あきらめモードの運転手。

DPP_7784

ワット・プラケオから1時間近くかかって、ホテルに戻ってきました。
チェックインすると、すごく広い部屋。

DPP_7808

いつもの通り、エクスペディアで予約しましたが、なんと8割引きの約3,500円。
この広い部屋が、2泊で7,000円です。

航空券同様、ホテルの料金て、どうやって決まるんでしょうか。

DPP_7857

ホテルの部屋からの眺め。

DPP_7810

のどが渇いたので、近くのコンビニに酒を仕入れに。
ハイネケンを2本、レジに持っていくと、10代の女性店員が、「ミスター、ミスター、ノー!ノー!」

コンビニでは、酒を売っていい時間が決まっているようで、午後は17時から。

私は、この垂れ幕が降りてなかったので、ビールを手にもってレジへ進みましたが、垂れ幕をおろしておくのが正解だったようです。
10代の女性店員が、中年のおじさんを指導していました。

DPP_7858

仕方ないので、ホテルのレストランでビールを仕入れ、しばし休憩。

DPP_7811

夕方、また街に繰り出します。

DPP_7814

シーロム通りは、バンコクきっての繁華街です。

DPP_7819

DPP_7822

DPP_7834

夕方になって、さらに活気が増しているような気がします。

DPP_7825

DPP_7828

パッポン通り。いかがわしい歓楽街とのことですが、まだ夜じゃないので、おとなしめですね。

DPP_7829

DPP_7830

それにしても、いろんな人が行き交います。

DPP_7837

そして、いろんな店。マッサージ店もそこら中にあります。

DPP_7839

「~歩き方」に載ってたマッサージ店をのぞいてみました。
すぐに施術を受けられるならと思いましたが、人気店なので満員。

DPP_7843

DPP_7845

仕方なく、その場を離れ、夕食でもとりましょう。

DPP_7389

ショーウインドウを眺めていたら、手招きされて、なんとなく入ったカレーショップ。

DPP_7846

まずはビールをいただきます。
むちゃくちゃ暑いわけではないんですが、歩き回って疲労がたまれば、ビールが一番ですね。

DPP_7847

そして、チキンカレー。
ガーリックのナンとの調和が絶妙! ほんとにおいしかったです。

DPP_7849

今日は、早朝から歩き回って疲れました。
明日に備えて、早めに寝ましょう。

Map-Bangkok

本日歩き回った、バンコクとしての位置関係は、こんな感じです。

明日は、バンコクから、少し足を伸ばすショートトリップ。アユタヤ遺跡を巡ってこようと思います。
アユタヤへは、タイ国鉄のファランポーン駅から、ほぼ真北に約70キロ。

早起きして、行ってきたいと思います。本日の無事に感謝(*^^)v

タイトルとURLをコピーしました