【タイ・バンコク】1日目(前編) 羽田⇒バンコク    バンコク散策

2017年最初の海外渡航は、タイになりました。
タイへの渡航ははじめて。タイに特別な思い入れ? それはありません。

行く理由は、ただ一つ。
弾丸旅行が可能だったから。(*^^)v

  1月7日(土)     羽田0:20 ⇒バンコク5:25   バンコク観光    
  1月8日(日)   バンコク観光     
  1月9日(月)   バンコク観光  バンコク14:50 ⇒ 羽田22:30  

これで、料金はサーチャージ込みで48,000円!
もう、羽田深夜便最高です

行ったことがない国に、宿泊費、食事代などトータル7万円そこそこを投じれば、正味2日半(私の場合は飛行機搭乗中も楽しみに入りますが)の快感を味わえる。

3日で割れば1日当たり約24,000円です。国内旅行など、ほんと馬鹿らしくなります(笑)

2017年は、コスパ最高の旅で始まりました!(^^)!

DPP_7259

世の中は、成人式一色?と思われる正月明け3連休。
東京から4,500キロ。会社を休まずに、南国タイに行ってまいります

 


年明けの仕事が立て込み、食事もとらずに羽田へ。
この時間だと、リムジンバスより、京急の方が早いです。

DPP_7303

羽田深夜便の利用は4度目。それにしても美しい空港です。

DPP_7304

旅情を一気に高める、行先表示ボード。
タイ国際航空ははじめて、と思ってましたが、ANAとのコードシェア便だったんですね。

DPP_7310

タブレットでオンラインチェックインしておきました。
ただし、24時間前からなので、往きだけ。帰りはあらためて行う必要あり。
このあたりは、改善の余地があるんじゃないかな。

DPP_7260

でも、おかげで、優先チェックインみたいな雰囲気を味わえることに。

DPP_7306

だって、エコノミーのカウンターはすごい行列。3連休を利用して、みんなタイに行くんだね。
3連休だけで帰ってくる私みたいなのは少ないとは思いますが。

DPP_7307

オンラインチェックイン通りに、窓際ゲット! よし。

ところが・・
あまりに安いチケットだったからか、アライアンスが同じANAマイレージ積算されず・・
まっ、仕方ない。

DPP_7257

さて、今回初めての利用。手荷物の一時預かり。
でも荷物を預けるわけじゃなく、コートを預けるんです。東京は真冬の寒さだけど、タイは常夏。
場所は出発階ではなく、2階の到着階でした。

DPP_7326

「一時休止」の文字を見て、ガックリ・・
でもコートだけなのでと、頼むと「大丈夫ですよ。」とのこと。よかった、よかった。
料金は1日200円です。

DPP_7309

Tシャツ1枚になって、バンコク行きの147ゲートに向かいます。

DPP_7311

搭乗開始。

DPP_7261

すごい乗客の数。こりゃ満員だろうな。日本人の割合は半分くらい?

DPP_7312

出発です。

DPP_7327

シートベルトをしっかり。しかし、お腹すいた・・

DPP_7315

離陸してすぐ出てきたのは軽食。
メインディッシュは、到着直前の朝ですか。でも、お腹ペコペコなので、猛然とかぶりつきます。

DPP_7318

直前まで、バタバタ仕事してた疲れがどっと襲い爆睡。

目が覚めると、機は南シナ海の上。

DPP_7335

ここで、ようやくメインディッシュ。
単純なメニューだけど、タイ航空、おいしいじゃないですか!goodです(*^^)v

DPP_7337

そして、未明のスワンナプーム国際空港に到着。

DPP_7323

はじめてやってきたタイ。
海外訪問国、15カ国目です(^^)v

DPP_7325

スワンナプーム国際空港は2006年に開業した新しい空港。

DPP_7324

まさにタイの玄関口です。

DPP_7262

両替しました。
タイの物価がどんなもんかわかっていませんが、とりあえず20,000円。
5,680バーツになって返ってきたので、1バーツが3.5円ぐらいですね。

DPP_7258

写真を撮るのを忘れてしまって、1,000バーツ紙幣がありませんが、全部同じ人??

DPP_7851

エアポートリンクに乗るために地下へ。
エスカレータの速度が速い。日本の1.5倍くらい?

DPP_7263

言葉を聞いてると、どうも中国人観光客が多いようです。

DPP_7265

チケットを買います。

DPP_7267

台湾の地下鉄のようなコイン型ICチップが出てきました。

DPP_7271

駅も清潔です。

DPP_7270

早朝から都心へ向かう観光客??  かな(笑)

DPP_7275

マッカサンという駅で降り、今度は地下鉄に乗り換えです。

DPP_7277

マッカサンという駅のエアポートリンクとMRT(地下鉄)の駅は徒歩5分位離れていますが、連絡通路があるので、乗り換えはラクだし迷いません。

まずは、今日明日と泊まるホテルのある、シーロム通りに向かいます。
シーロム通りは、バンコクの典型的な繁華街です。

DPP_7279

連絡橋から見たバンコクの街。
バンコクって、夜明け遅いんだね。今、6時半ぐらいです。

DPP_7283

DPP_7284

そしてMRTでシーロム駅へ。

DPP_7285

土曜の朝です。大都市バンコクも閑散としています。

DPP_7288

目指す、シーロム駅に到着。
ホテルは、このシーロム通り沿いにあります。まずは、そこまで歩いていきましょう。

DPP_7295

これは、何の意味でしょう。もちろん友好な意味でしょうね。

DPP_7339

DPP_7338

ホテルに行く前に、マックがあったのでモーニングコーヒー。
会計をすましたとき、マッククルーが両手を合わせてお辞儀するタイのお礼ポーズをするので、びっくりしました。

まちがいなく、ここはタイです(笑)

DPP_7347

DPP_7301

ホテルへ向かう途中、早朝から賑わってる通りもあります。

DPP_7349

DPP_7352

DPP_7355

タイ式ボクシングですね。

DPP_7357

けっこう、臭気漂う川です。

DPP_7358

DPP_7360

なんか、建設途中のキューブみたいなビル。ほんとに建設途中かな。

DPP_7361

シーロム駅から20分くらい歩いて、NARAI HOTELに到着。2泊お世話になるホテルです。

DPP_7363

さすがに、時刻が早く、10時までチェックインは待ってくれとのこと。そりゃそうだよね。

荷物だけ預けて、街を散策してきましょう。

いきなり、ゾウの前でお祈りをしている人がいます。

DPP_7364

DPP_7394

ふつうに露店も出ています。

DPP_7395

DPP_7399

シーロム通りから、ちょっと脇の路地に入ってみます。

DPP_7401

DPP_7403

土曜日の朝8時の光景です(^-^)

DPP_7405

気温は30度弱でしょうか。そんなに暑くはありません。
でも、二週間前に体験したハルビンの−21度とは、50度近い差があります。
うーん、地球は広い・・

DPP_7406

DPP_7408

このミニバザールともいうべき路地。
肉の煮込みや香辛料なんかの匂いがすごく漂っています。
ちょっと、匂いきついかも・・

DPP_7411

DPP_7413

くだものは新鮮でおいしそうですね。

DPP_7416

DPP_7418

DPP_7420

トゥクトゥクですね。こんな狭い路地にも入り込んできます。

DPP_7421

DPP_7426

DPP_7427

DPP_7428

なかなか、活気のあるミニバザールでした。
でも匂いはすごい・・

DPP_7424

ビールはふつーに飲めるようです。

DPP_7429

ATMもふつーにあります。バンコクは大都市です。

DPP_7430

ゾウもふつーに、そこら中にいます(笑)

DPP_7431

バスはエアコンがないようですね。窓が全開です。
ただ今のバンコクの気温は27度。過ごしやすいです。

DPP_7435

主力な足はバイクなのかな。

DPP_7437

シーロム通りをひたすら西へ歩いていくとチャオプラヤ川のガートに出ます。

DPP_7444

バンコクの地図によると、この川を少しさかのぼれば、ワット・ポーなどがある王宮地区にでます。
ホテルチェックインまで軽く散策のつもりでしたが、この際、王宮を見学してきますか。

DPP_7446

ところが、「ワットポーまで」と言って、チケットを買おうとしたら、
日本語で「800バーツ!」。
おいおい、いい加減にしてよ(+o+)

800バーツって、2,800円のことでしょ。まったく・・

そのまま帰ろうとしたら、「冗談!冗談!100バーツ!」  どこで、そんな日本語を覚えるんだ。

100バーツなら350円。そんなもんかな、と思って乗ってしまいましたが、あとで「~歩き方」を読むと、それでも高過ぎ。久しぶりにボラれました

DPP_7447

でも、350円なら、まいっか。(ていうか、他の日本人旅行者のみなさん、申し訳ありません(*_*))
貸し切りタクシーみたいなもんだし。

DPP_7450

船は、バンコクの母なる川、チャオプラヤ川を北にさかのぼります。
チャオプラヤ川と聞いて、ピンとこなかったんだけど、メナム川と聞いて、「これが、メナムか」と目を開きました。

DPP_7453

しかし、川は、おせじにもきれいとは言えません。
というか、汚いし、匂いもあります(笑)

DPP_7451

こんな川には、絶対落ちたくありませんが、船はけっこう揺れます。
そして、水しぶきがかかる・・

おいおい、貸し切りなんだから、もっとゆっくり運転してくれよ。

DPP_7454

大勢で乗れる、遊覧船のような船もあるんですね。

DPP_7448

川岸の建物は、どれもこれも趣があります。

DPP_7463

DPP_7464

DPP_7467

あれは、ホテル付近のキューブのような建物だね。

DPP_7471

建設中の建物も多いです。バンコクは、ものすごい勢いで発展中のようです。

DPP_7474

寺院も現れました。

DPP_7480

高速道路の下をくぐります。

DPP_7485

川面を見つめながら感慨にふける、いつものパターン。
昨夜まで、仕事してたんだよなあ・・

DPP_7491

DPP_7493

王宮地区に入ったようです。あれがワットポーかな。

DPP_7498

王宮地区のガートに到着。

DPP_7500

DPP_7501

DPP_7504

道路渋滞の激しいバンコクでは、チャオプラヤ川の水路は、有効な交通手段のようですね。

DPP_7505

ほんと、外に出ると、駅みたいな感じ。

DPP_7507

では、ワット・ポー、ワット・プラケオと回りますか。
ちなみに、ワットとは、寺院を指すとのことです。

タイトルとURLをコピーしました