スリランカ(2017.7)

スリランカ(2017.7)

【スリランカ】4日目 コロンボで最後の晩餐 ⇒ クアラルンプールのラウンジで疲労回復 ⇒ 帰国

タイトルは4日目とありますが、まだ3日目の夕方。 暴れ馬のような乗り心地の列車から解放されるも、お尻にダメージが。 臀部の柔らかい部分がアザになってしまって、歩くとジーンズに擦れて痛い・・ 痛くないように歩くと、これが、またみっともない...
スリランカ(2017.7)

【スリランカ】3日目(その2) 3等車の窓から眺めるスリランカの風景 ~さようならセイロン島~

駆け足でしたが、見るべきとこは見て、それなりに満足して、たどり着いた駅。 運転手と握手して別れます。チップを要求されましたが、色々無理を聞いてくれて、ありがとう。 もちろんお渡しします。 運転手の目には、私の行動ってどう映るのかな・・・...
スリランカ(2017.7)

【スリランカ】3日目(その1) アヌラーダプラの遺跡地区

ここ、アヌラーダプラは、2,500年以上も前に、スリランカ最古の都があった場所。 そんな由緒ある地に、数時間の滞在で別れを告げるのは、弾丸旅行ゆえの制約があるにしても、もう少し知恵を絞るべきだったかな・・ そんなことを考えながら、寝苦し...
スリランカ(2017.7)

【スリランカ】2日目(その4) 空振りのダンブッラ石窟寺院 ~ アヌラーダプラの街へ

でました金色の大仏様。 ゴールデンテンプル。 やっぱり、日本人の私には、親近感を覚えずにはいられません。
スリランカ(2017.7)

【スリランカ】2日目(その3) キャンディ・ロードのさすらい&迷走?

果物屋さんをのぞきこみながら、バスはゆっくり出発しました。 ゆっくりなのは、大渋滞だからです。 ついさっき見た踏切。 スリランカの列車にも乗ってみたいな。
スリランカ(2017.7)

【スリランカ】2日目(その2) キャンディ  ~バスターミナルの雑踏~

仏歯寺、堪能させてもらいました。 仏教徒の人たちの敬虔さには、ただただ感心するばかりです。 お寺の外に出ましょう。ただ今、午前10時半。2時間ばかり見学していたようです。
スリランカ(2017.7)

【スリランカ】2日目(その1) 古都キャンディの早朝散歩 ~ 仏歯寺巡礼

ここ、キャンディは、「スリランカで最もスリランカらしい町」といわれる、シンハラ王朝最後の都となった古都です。 私の愛読する蔵前仁一さんも、著書の中で、まわりを丘で囲まれ、緑豊かで、古い家並みの似合う美しい街と称しています。その著作「旅で眠...
スリランカ(2017.7)

【スリランカ】1日目(その4) 夕暮れのキャンデイの街

あらためて見上げる岩。ほんとにすごい・・ 自然と歴史のなせる業ですね。 では、名残惜しいですが、降りるとします。
スリランカ(2017.7)

【スリランカ】1日目(その3) シーギリア ロックの頂上から何かを叫ぶ?

さて、まだ中腹です。 呼吸を整えたら、登頂開始。 聞きしに勝るとはこのこと。 岩壁に巻き付けるように備えられたはしご。外れないよね(笑) 古代の人たちって、どうやって登ったんだ??
スリランカ(2017.7)

【スリランカ】1日目(その2) 目指すはシーギリア ロック

さて、到着しました。インド洋に浮かぶ島、セイロン島。 コロンボ郊外のバンダラナイケ国際空港です。 現在、7月14日(金)の午前10時。帰りのフライトは16日(日)の23時ごろ。 丸3日をいかに有効に使うかがカギです。今夜の宿泊は、スリラ...
スリランカ(2017.7)

【スリランカ】1日目(その1) 羽田 ⇒ クアラルンプール経由 ⇒ 光り輝く島 セイロン島へ

スリランカとは、光り輝く島の意。 自分たちの土地に、誇りあっての命名でしょう。素晴らしいと思います。 しかし、その光り輝く土地で、ごく最近まで血塗られた内戦が繰り広げられていたとは、信じられません。 やっぱり、世界史って重要な学問...
タイトルとURLをコピーしました