イラン(2017.3)

イラン(2017.3)

【イラン】4日目(後編) イスファハーンの絨毯屋さん ⇒ テヘラン ⇒ ドーハ ⇒ 弾丸帰国

ホテルの戻る途中、見かけたサクラ。 ていうか、桜なのかな。日本以外の国で咲くって、なんか意外。(私が知らないだけ・・) さて、12時にホテルをチェックアウト。 あわただしかった、イラン弾丸の旅も、残り少なくなってきました。 フライト...
イラン(2017.3)

【イラン】4日目(前編) イスファハーンの異教徒地区

今日は、イラン弾丸旅行、最後の日。 夕方の飛行機でテヘランに戻り、そのままカタール航空で日本に帰ります。 昨夜は夕食を食べたら、ベッドでぐっすり。 なので、朝6時には目が覚め、7時からの朝食が待ち遠しかったです。 朝食はバイキングで...
イラン(2017.3)

【イラン】3日目(後編) イスファハーンの石橋

エマーム広場を十分に堪能させてもらった後、街の南側の方に足を向けます。 イスファハーンには、ザーヤンデ川が街の南側を東西に流れ、そのさらに南側には、比較的新しい街並みが広がっています。 その街の南側の散策は明日に回すとして、ザーヤンデ川...
イラン(2017.3)

【イラン】3日目(前編) イスファハーンは世界の半分

かつて、「イスファハーンは世界の半分」と称されました。 しかし、その歴史は意外にも浅く、1597年にアッバース1世がイスファハーンを首都と定めたことによるらしいです。 「世界の半分」と称えたのは、ヨーロッパの商人たち、すなわち異国民たち...
イラン(2017.3)

【イラン】3日目(番外編) カーシャーン⁉ からイスファハーンへ弾丸とんぼ返り

それなりの強行軍に、ほどよいバスの揺れ。 そして、ゆったり倒れるシート。春眠をむさぼるにはもってこい・・・ 途中、何度かバスがとまり、乗客が入れ替わっていた感触はありましたが、トイレ休憩かなにかだろうと意に介さず・・・ 異変を...
イラン(2017.3)

【イラン】2日目(後編) シラーズの街

5時間ぶりに舞い戻ってきた、シラーズの街。 街に入る手前にあるコーラン門。旅人を見守ってくれているとのこと。 ターミナルに着くと、運転手はチップを要求。 5時間で、ペルセポリスから、ナグシェ・ロスタム、ナグシェ・ラジャブと回って来れた...
イラン(2017.3)

【イラン】2日目(中編-Ⅱ) ペルセポリス ⇒ ナグシェ・ロスタム

急ぎ足で見ることになってしまったペルセポリス。 時間がないんだから、仕方ない。 ゾロアスター教の神殿、ナグシェ・ロスタムへ目標を移動です。
イラン(2017.3)

【イラン】2日目(中編-Ⅰ) ペルセポリスに吹くペルシャの風

いよいよ、ペルセポリスです。 中東の三大遺跡の一つで、イラン最大のみどころの一つとされています。 ちなみに、中東の三大遺跡のもう二つは、「ぺトラ遺跡」とシリアの「パルミラ遺跡」だそうで、ぺトラ遺跡は、そんなことも知らずに、昨年訪れました。...
イラン(2017.3)

【イラン】2日目(前編) テヘラン ⇒ シラーズ     ~一路ペルセポリスへ~

現役世代弾丸旅行者には、時間がそんなにありません。 4時50分に起床し、5時過ぎにチェックアウト。めざすは、シラーズの街。 本来であれば、イランの大地を眺めながら、のんびりバスで移動するところ。 残念なことに、4日後には出勤!...
イラン(2017.3)

【イラン】1日目(後編) ノウルーズ前夜のテヘランの街

蛇足ですが、テヘランという地名は、イラン・イラク戦争で知りました。 私が中学生の時に勃発した戦争。 何故記憶に焼き付いているかというと、報道される規模の国際戦争の存在を、たぶん、生まれてはじめてテレビを通じて見たからだろうと思う。 テヘ...
イラン(2017.3)

【イラン】1日目(中編) ゴレスターン宮殿 散策

さっそく両替です。 400ドルを銀行窓口に出すと、なんと、1,300万リアル以上になって返ってきました。 1,300万リアル。50万リアル紙幣が26枚! なんという、インフレなんでしょうか。 いきなり、お金持ちになった気分ですが、あまり...
イラン(2017.3)

【イラン】1日目(前編) 羽田 ⇒ ドーハ ⇒ テヘラン到着(アライバルビザ Get!)

やっと、出発の日が来ましたよ!(^^)! 待ちに待ったイランへの弾丸旅行! 正味4日もない日程で、テヘラン、シラーズ、エスファハーンと回ろうというのだから、旅のベテランの方がみたら、あきれるほどの弾丸日程。 3月15日(水)羽田23:5...
タイトルとURLをコピーしました